共生協働センター利用の手引き

共生・協働センターは,地域の自治会,ボランティア,NPOなど(以下「団体」という。)の皆さんがともに協力し支え合う活力ある地域社会づくりを進めるため,自発的で主体的な活動を支援する場所として提供するスペースです。
この手引きに沿ってご利用ください。
利用登録票(1号様式)

利用申込書(展示・プレゼンスペース用)(第2号様式)

利用申込書(交流スペース・印刷製本室)(第3号様式)

利用申込書(ロッカー・レターボックス用)(第4号様式)

パソコン等利用申込書(第5号様式)

図書貸出カード登録申込書(第6号様式)

1 利用対象

地域の自治会・県内に拠点を有するNPO・ボランティア団体及びこれらの団体の活動を支援する個人・団体又はこれらの活動に興味関心のある皆さんが利用できます。(法人格の有無は問いません。又,これから活動をはじめようとしている個人・団体も対象です。)ただし,当センターの設備,機器(会議室,印刷機など)をご使用される場合は,利用登録票(第1号様式)が必要になります。
なお,次のいずれかに該当する団体は利用できません。

  • 営利を目的とする団体
  • 政治上の主義を推進し,支持し,又はこれに反することを主たる目的とする団体
  • 宗教の教義を広め,儀式行事を行い,及び信者を教化育成することを主たる目的とする団体
  • 人権やプライバシーを侵害する行為又はその恐れのある行為を目的とした団体
  • 係争中の民事訴訟等で意見が二分している事案についての一方当事者への支援活動等を目的とした団体

利用登録について

利用登録は団体での登録となります。登録は来所,FAX等で受け付けます。
登録用紙に必要事項を記入してください。自治会,ボランティア団体については,規約・総会資料など活動内容のわかる資料を添付していただきます。NPO法人については当センターで確認します。
※ 個人としては登録はできません。
(利用登録の申し込み先)
鹿児島県共生・協働センター
〒892-0816
TEL:099-221-6613
FAX:099-227-2247
E-Mail:p-kyodo@pref.kagoshima.lg.jp

 

2 利用できる施設・設備

次の施設・設備を利用できます。それぞれの決まりを遵守してご利用ください。
(1)展示・プレゼンスペース
(2)交流スペース
(3)団体ロッカー
(4)レターボックス
(5)印刷製本室
(6)ワーキングスペース(パソコン&プリンター)
(7)情報コーナー
(8)談話スペース

3 利用時間

午前9時から午後5時まで

4 休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日),年末年始(12/29~1/3)

5 注意事項

室内での食事はできません。

6 各施設・設備ごとの利用方法

1  展示・プレゼンスペース

【利用対象】センター利用を登録した団体
【利用期間】1週間単位で貸出をします。最大3か月間まで延長可能です。
【利用時間】午前9時から午後5時まで (準備,片付けの時間を含みます。)
【利用料金】無 料
【利用の申し込み等】
① 利用希望日の6か月前の同日から予約できます。
② 来所,FAX等で利用申込(第2号様式)を提出してください。事前の承認が必要となります。申込多数の場合は抽選といたします。

【利用上のルール】
① 自らの地域づくりや社会貢献活動などを,映像やパネル,その他様々な媒体・手法を使って紹介してください。
② 設営から撤去まで,すべて主催団体が責任を持って対応してください。
破損した場合,利用団体で原状回復していただきます。
また,故意に破損した場合は,現状回復後,その団体の利用を禁止します。
③  利用上のルールが守られない場合,使用許可を取り消すことがあります。

(1) プレゼン用モニター(50インチ2台)
メディアプレーヤーを使用し,繰り返し放映しますので,映像等はSDカードに保存してお持ちください。それ以外の機器を使用する場合は,利用する団体で準備してください。なお,映像や音楽は,著作権法をクリアしたものをお使いください。
(2) 陳列棚
羽目板で高さを自由に調整できますので,展示方法は団体で工夫してください。
(3) シンボルステージ(直径1800  H600 1台)
それぞれの地域や団体のシンボリックなものを展示してください。
(4) 八角ハイケース(直径900  H1800 1台)
全方向から見える展示ケースですので,展示物の全方向からも見えるような工夫をしてください。
(5) コミュニティ屋台(W2400 D1200 H1800 1台)
各団体が作った特産品等の物販も可能です。販売や展示等については,各団体が人員を配備し,すべて責任を持って対応してください。販売するものについては,事前に共生・協働センターにご確認ください。
ただし,臭いのきついものや腐りやすいものについては,ご遠慮ください。

2  交流スペース

【利用対象】センター利用を登録した団体
【利用時間】午前9時から午後5時まで (準備・片付けの時間を含みます。)
【利用料金】無  料

【利用の申し込み等】
① 利用希望日の2か月前の同日から予約できます。
② 事前に来所,電話,FAX等で先着順で予約を受け付けます。(キャンセルの場合も必ずご連絡ください。)
③ 利用の際は,「施設利用申込書」(第3号様式)に記入してください。
④ 12~15名程度の利用ができます。

3  団体ロッカー(30団体)

【利用対象】センター利用を登録した団体
【利用期間】毎年4月1日から翌年3月30日までの1年間(途中貸出も3月30日まで)
【利用料金】無 料
【利用の申し込み等】
① 1団体1ロッカーを利用できます。申込多数の場合は抽選といたします。
② 毎年1月頃,掲示等により次年度の利用についてお知らせします。
③ 毎年2月頃,施設利用申込(第4号様式)を受付けます。継続して利用する団体も必ずお申し込みください。
④ 毎年3月に利用の決定を行います。応募者多数の場合抽選で決定します。継続使用についての優先権はありませんので予めご了承ください。
⑤ 3月30日までに,利用を終了する団体は,ロッカー内を空にしてお返しいただきます。
その時点で,残っていた物品については,当方で処分いたします。
⑥ 利用辞退があった場合など,空きがある場合は,順次希望者に貸し出します。

【利用上のルール】
① 団体活動に必要な物品等を保管する場所として利用できます。
② ロッカーの鍵はダイヤル式になっていますので,各団体において番号を設定していただき,ご利用ください。
③ ロッカー内の物品の管理は各団体で行ってください。紛失,破損等については一切責任を持ちません。
④ ロッカーを汚損した場合,利用団体で原状回復していただきます。また,故意に破損した場合は原状回復後,その団体の利用を禁止いたします。
⑤ 危険物,なまもの,動物等他の迷惑となるような物は入れないでください。
⑥ 団体名,代表者に変更が生じた場合,又は団体の解散その他の理由でロッカーを利用しなくなった場合は,速やかにセンターに届け出てください。
⑦ 貸出を受けた団体は,最低でも1か月に1回はロッカー内の整理を行なってください。
⑧ 必要に応じてロッカー内を点検させていただくこともあります。
⑨ 利用上のルールが守られない場合,使用許可を取り消すことがあります。

4  レターボックス(24団体)

【利用対象】 センター利用を登録した団体
【利用期間】 毎年4月1日から翌年3月30日までの1年間(途中貸出も3月30日まで)

【利用料金】 無 料
【利用の申し込み等】
① 1団体1ボックスを利用できます。申込多数の場合は抽選となります。
② 毎年1月頃,掲示等により次年度の利用についてお知らせします。
③ 毎年2月頃,施設利用申込(第4号様式)を受付けます。継続して利用する団体も 必ずお申し込みください。
④ 毎年3月に利用の決定を行います。応募者多数の場合抽選で決定します。継続使用についての優先権はありませんので予めご了承ください。
⑤ 3月30日までに,利用を終了する団体は,ボックス内を空にしてお返しいただきます。その時点で,残っていた物品については,当方で処分いたします。
⑥ 利用辞退があった場合など,空きがある場合には,順次希望者に貸し出します。

【利用上のルール】
① 各団体間の連絡,文書・チラシの配布として利用できます。
② ボックス管理は各団体で行ってください。鍵はかけませんので,貴重品は入れないでください。内容物の紛失,破損等には一切責任を待ちません。
※ 鍵の必要な団体は,団体の判断で設置・管理してください。その際は,合い鍵を必ずセンターに預けてください。
③ ボックスを汚濁・破損した場合,利用団体で原状回復していただきます。また,故意に破損した場合は原状回復後,その団体の利用を禁止いたします。
④ 危険物,なまもの,動物等他の迷惑となるような物は入れないでください。
⑤ 団体名,代表者に変更が生じた場合,又は団体の解散その他の理由でボックスを利用しなくなった場合は,速やかにセンターに届け出てください。
⑥ 一定期間利用されなかった場合,キャンセル待ちの団体にボックスをお譲りすることがあります。最低でも一月に一度は内容の確認をお願いします。
⑦ 必要に応じてボックス内を点検させていただくこともあります。
⑧ 利用上のルールを守られない場合,使用許可を取り消すことがあります。

次に掲げるものを内容とした文書・チラシの配布やレターボックスの利用はできません。
① 営利を目的とするもの
② 政治上の主義を推進し,指示し,又はこれに反することを主たる目的とするもの
③ 宗教の教義を広め,儀式行事を行い,及び信者を教化育成することを主たる目的とするもの
④ 特定の公職の候補者若しくは公職にある者または政党を推薦し,支持し,又はこれらに反対をすることを目的とするもの
⑤ 個人の都合による目的のもの
⑥ 人権やプライバシーを侵害する恐れのあるもの
⑦ 危険物,なまもの,動物の投函等他の利用者の迷惑となるようなもの

※ これらに類する文書・チラシが判明した場合は,センターで回収し廃棄処分いたします。

5  印刷製本室

社会貢献活動に関するチラシや会議資料,非営利団体の会報などの印刷にお使いいただけます。
1団体で長時間占有することのないよう,他の団体利用の迷惑とならないよう,お互いに譲り合ってご利用ください。

【利用対象】センター利用を登録した団体
【利用時間】午前9時から午後5時まで (準備,片付けの時間を含みます。)
【利用の申し込み等】
① 利用を希望する方は,事前に電話か来所で空き状況を確認のうえ予約し,利用時に施設利用申込書(第3号様式)に必要事項を記載の上利用してください。
②  機器類の利用に当たっては,使用上の注意をよく読んで事故のないようにしてください。

【機器類】  印刷機のみ有料
a 印刷機
製版代 1枚        30円
印刷代  50枚まで  5円(以降50枚ごとに5円)

※ 印刷用の用紙は持参してください。
※    紙幣は使えませんので硬貨をご準備ください。
※ 作成する資料等を事前に確認させていただくことがあります。

b  丁合機
印刷物等の編冊に利用できます。
c 紙折り機
① A3判サイズまで対応できます。紙の厚みはコピー用紙と同程度までしか対応できません。
② 二つ折り,四つ折り,観音開きなど様々なバリエーションで折ることができます。
d  裁断機
紙を切るためのカッターです。怪我をしやすい機械ですので,利用するときは使用上の注意をよく読んで事故のないようにご注意ください。
e 電動パンチ
※ 作成する資料等を事前に確認させていただくことがあります。
f  電動ホッチキス
※ 作成する資料等を事前に確認させていただくことがあります。
g パウチラミネーター
A3サイズまで利用できます。ラミネーター用のフィルムは持参してください。
※ 次の場合には,印刷製本室を利用できません。
① 著作権法に抵触するもの
②  人権やプライバシーを侵害する恐れのあるもの
③ 商店街のチラシ,求人広告の作成等,営利を目的とするもの
④ 政党主催の講演会等のチラシの作成等,政治上の主義を推進し,指示し,又はこれに反することを主たる目的とするもの
⑤ 宗教の教義を広め,儀式行事を行い,及び信者を教化育成することを主たる目的とするもの
⑥ 年賀状,迷子犬のビラ,家庭教師広告等,個人的な使用を目的としたもの
⑦  PTA活動に関するものは,それぞれの学校に申し出てそちらをご利用ください。

【利用の中止】次の場合は,利用時間内であっても印刷機等の利用を中止することがあります。
①  印刷機等の保守,電気通信業者による設備の保守・障害などによりやむを得ないと認める場合
② 利用者が前記①~⑥に掲げる禁止行為を行った場合
③ その他管理者が必要と認めたとき

6  ワーキングスペース(パソコン&プリンター)

団体活動のための情報検索及び資料作成等を支援するため,パソコンをスペース内に設置しています。

【利用対象】センター利用対象者
【利用時間】午前9時から午後5時まで (準備,片付けの時間を含みます。)
1回のご利用は,1団体1日1時間以内とします。
【利用料金】無 料
※ プリンターに使用する用紙はご持参ください。
【利用の申し込み等】
① 利用を希望する方は,利用時にパソコン等利用申込書(第5号様式)に必要事項を記載の上,利用してください。ウイルス対策のため,USBメモリを使用する場合は,必ず受付に申し出てください。あらかじめウイルス検索を行った後,使用を認めます。

※ 次の目的のためにはパソコン及びプリンターを使用することはできません。
① 著作権法に抵触するもの
② 商店街のチラシ,求人広告の作成等,営利を目的とするもの
③ 政党主催の講演会等のチラシの作成等,政治上の主義を推進し,指示し,又はこれに反することを主たる目的とするもの
④ 宗教の教義を広め,儀式行事を行い,及び信者を教化育成することを主たる目的とするもの
⑤ 年賀状,迷子犬のビラ,家庭教師広告等,個人的な使用を目的としたもの
⑥ 公序良俗に反するサイトの閲覧及びプリントアウト
⑦  PTA活動に関するものは,それぞれの学校に申し出てそちらをご利用ください。
⑧ 同一文書の大量印刷はご遠慮ください。文書を多量に複製する場合は,印刷製本室の印刷機をご利用ください。
(印刷機:製版代 1枚 30円,印刷代  50枚まで 5円(以降50枚ごとに5円))
※ 勝手にソフトをインストールすることはできません。

※ 作成する資料等を事前に確認させていただくことがあります。

【利用の中止】
※ 次の場合は,利用時間内であってもパソコンの利用を中止することがあります。
①  パソコンの保守,電気通信業者による設備の保守・障害などによりやむを得ないと認める場合
② 利用者が前記①~⑥に掲げる禁止行為を行った場合
③ その他管理者が必要と認めたとき

7  情報コーナー

【利用対象】センター利用を登録した団体。ただし,閲覧等は誰でも利用できます。
【利用時間】午前9時から午後5時まで

(1) 資料配布コーナー
団体活動に関する資料を取り扱っています。イベント情報,機関紙など,センターにお持ち込みのうえ,承認を受けて掲示してください。
有料のイベント等または営利性,政治性もしくは宗教性の認められる催し,キャンペーン等のチラシ・ポスター・情報誌等については,いったんお預かりして,展示の可否について検討させていただくことがありますので,予めご了承ください。
このコーナーに置いてある資料は,自由にお持ち帰り頂けるものとします。
イベント情報等期日を過ぎたものに関しては,責任を持って撤去してください。撤去されない場合,センターで廃棄処分またはリサイクルします。
NPO法人の場合は,ポスター,チラシ等に法人名を明記してください。

(2) ポスター掲示板
各団体が主催する講演会,イベント等のポスター掲示板を用意します。センター受付にお申し出になり,掲示するポスターに受付印を受けられた後,空いている場所に掲示してください。
なお,掲示は,当該行事の終了する日又は掲示日(受付日)から起算して3か月目の日のいずれか早い日までとします。
限られたスペースであるため,団体そのもののPR等,行事の期間設定のないものの掲示は2か月間を限度とします。

(3) 資料掲示コーナー
情報誌等の資料の掲示にご利用ください。
ここは,掲示のみとし,持ち帰りはできないものとします。

(4) NPO法人書類閲覧コーナー
鹿児島県内に事務所があるNPO法人の定款や事業報告書等を閲覧できます。ご利用
は自由です。

(5) 図書貸出コーナー
社会貢献活動に関する図書を貸出します。
貸出を希望される方は,鹿児島県共生・協働センター図書貸出カード登録申込書(第6号様式)により,登録が必要です。
登録申込の際は,運転免許証,健康保険証等登録者本人の氏名,住所が確認できる書類を持参し,受付へお声かけください。
登録者には「鹿児島県共生・協働センター図書貸出カード」を交付します。
原則として共生・協働センター閲覧コーナーに配置しているすべての図書を貸し出しますが,一部貸出を行っていない図書があります。
貸出期間は2週間(返却期限が休館日の場合,その翌日まで)です。一度につき2冊まで借りることができます。
返却まで追加貸出はしません。
借り受けた図書は返却期限までに共生・協働センターに返却してください。
※ 随時NPO・ボランティア関係の本を整備します。必要な図書や情報誌があれば
センターへお知らせください。

8  談話スペース

少人数の打ち合わせ等に利用できます。
【利用対象】センター利用対象者
【利用上のルール】利用の際は,受付に申し出てください。
【利用時間】午前9時から午後5時まで